施術の流れについて

最初に鏡の前で歪み診断と正しい姿勢をお伝えします

肩こり専門 学芸大学 歪みケア専門店Kissacoのブログをお読みくださり、

ありがとうございます。

当店の施術の流れについてご質問がありましたので、流れをお伝えいたします。

 

初回ご来店いただきましたら、お茶をお飲みいただきながらお悩みや改善したいところ、

どうなりたいかをお聞きしていきます。

それを踏まえて、鏡の前で現在のお身体の良いところ、

問題点を客観的にアドバイスさせていただきながら、

お客さまに合った楽でキレイな姿勢の作り方をお伝えします。

姿勢によって肩こりや腰痛、ボディラインの崩れが起きていることは分かっていても、

本当に正しい姿勢を知るという機会はないのではないでしょうか?

巻き肩や猫背になってしまうのはなぜか、正しく立つためには足裏の着地の仕方も大切です。

お客さまのほとんどは初めて聞く話に驚かれたり、疑問点がクリアになったと言ってくださいます。

丁寧にお伝えする理由は、「人は腑に落ちた時に実践できる」からです。

実践できなければ意味がありません。

一遍通りではなくその方に合ったお話しをさせていただいております。

 

施術はうつ伏せから、どのコースも全身トータルで行います

フットバスに入っていただいた後に、

こちらで用意したペーパーショーツに着替えていただいたら施術開始です。

うつ伏せで膝裏のコリや太もも、ふくらはぎのコリを解していきます。

その後に骨盤や背骨のズレを整えます。一切力は入れず眠ってしまうほど気持ち

よく行います。この時点で眠っているお客さまもいらっしゃいます。

背中や腰部のコリを解し、

手根・前腕・上腕・肩甲骨周り・脇の下を重点的に解していきます。

昨日も書きましたが、

「現代人の肩こりの原因のほとんどは手や腕を酷使すること」にあります。

当店では肩コリを解し、ラインを整えるための施術は

腕を95%、肩そのものは5%ほどしか触りません。

それでも終わった後は、首肩が楽になり

ラインがキレイになったことを実感していただくことが出来ています。

そして、首・後頭部を解したら仰向けになります。

仰向けになったら脚全体、内臓矯正を行います

仰向けになったら、足骨のズレを整えていきます。

外反母趾や内反小趾、膝の痛みや違和感、

解しても改善しないふくらはぎのむくみや太もものハリ感など改善していきます。

そして、内臓矯正です。

特に反り腰の方はお腹が硬くなっています。

そして胃下垂のように内臓は全体的に下がったままになっていることが多く、

そうなりますと、痩せているのに下腹だけポッコリ出てしまったりします。

この辺りを呼吸で正しい方向に誘導し、横から見たお腹部分をスッキリさせます。

再度、腕全体・バストアップ・肋骨のズレを整えます。

全く痛みのない小顔頭蓋骨矯正で仕上げます

身体全体を整えた最後は、頭蓋骨を整えていきます。

最後に頭蓋骨を整えるには理由があります。

いくら身体を整えても、頭がズレていたら

脳神経が間違った指令を送ってしまうからです。

ご存知の通り頭蓋骨の中には司令塔である脳が入っています。

そして、頭蓋骨は力を入れての施術は危険です。壊れてしまいます。

頭蓋骨は23個の骨が組み合わさっていて、

呼吸で膨らんだり閉じたりを繰り返しています。

骨と骨のつなぎ目には神経は血管が通っていて

つなぎ目(縫合)がわずかにズレるとそれらを圧迫してしまいます。

(そのズレはお顔の左右差やたるみとなって現れます)

縫合は力では動かず、呼吸によってのみ動くため

呼吸に合わせながらソフトに動かしていくと整っていきます。

頭のコリ感がある方、絶えず頭痛に悩まされている方

顎関節が辛い方など、頭蓋骨を緩めてあげると楽になります。

もちろん、お顔もどんどん小さくキレイになっていきます。

 

他店で様々な施術を受けてこられた方ほど施術のやり方と結果の違いに驚かれます。

痛い施術は卒業したい方、リラックスしながら身体を整えたい方お待ちしております。