言ったことは実現したいと思っています

お客さまは何を求めているのか常に感じていたいです

肩凝り・歪み・猫背専門 学芸大学

歪みケア専門店Kissacoのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

セラピストの恩田です。

 

私が一番大切にしていることは、

お客さまにお伝えしたことは実現させるということです。

 

骨盤矯正が出来ないセラピストが

「骨盤歪んでますね」と言ったりすると聞いたことがあります。

出来ないことをお客さまに伝えて何になるんでしょうか?

「私の骨盤は歪んでるんだ、でもどうしたらいいんだろう」

お客さまの心には不安と戸惑いが残るだけです。

「肩凝りや首コリが辛い」

「全身の歪みが気になる」

「結婚式に向けてボディラインを整えたい」

「膝や手の関節が痛くて困っている」

「小顔になりたい・痩せたい」

 

当店にいらっしゃるお客さまはさまざまなお悩みや希望をお持ちです。

出来ないとは言いたくないです。

無理というのは簡単。

それを実現させるための技術を持っていなかったとしても

実現させるためにはどうしたらよいかを考えれば実現できると思っています。

 

考えなれば始まらない。

 

お客さまが何を求めているのか分かっていない場合もあります。

でも身体が楽になるに従い、自分の考えが分かっていったりすることがあります。

お客さまは何かを感じて施術にいらしています。

だからそれに応えたい、一緒に考えたいと思っています。

 

そして、その場で結果を出したい。

 

「一回では改善できないのでまた来てください」と言うのは簡単です。

もちろん時間がかかる場合もあります。

でも、お客さまには明日があります。

今日楽になれなかったら明日も憂鬱を過ごすことになります。

お客さまの立場に立ち続けたいと思っています。