背中のみぞおちが痛い原因とは

背中の寝違えたような痛み

巻き肩・顎関節症・肩こり専門 目黒区 学芸大学駅
歪みケア専門店kissacoのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

背中の寝違えのような痛みがあって、首を回すことができない症状ありませんか?
ぎっくり背中とも言ったりしますね。

これは頭が首にちゃんと乗っていなくて前に滑った状態になっているので、
頭を支える筋肉が凝りすぎて背中のみぞおち辺りが痛むようになるのです。

頭が首に乗っていないと結果、猫背と巻き肩になります。
パソコンやスマホ操作で、顔が長時間、前に突き出ていると頭と首の付け根がズレます。

そこでよくやってしまうのが、「あ、姿勢悪いから胸を張らなきゃ」と
無理に腕を後ろに引いて背中を緊張させてしまうことです。

実際、今やってみてください(^^)

上腕やデコルテ、肩甲骨周りに力が入っていませんか?
これが背中のみぞおちが痛くなる原因です。

姿勢が良い方ほど背中のみぞおちが痛い、肩こり、首こり、腕のだるさがあったりします。

パソコンやスマホ操作をするときは、1時間置きにでも肩の力を抜くと良いです。

やり方は、お風呂に入った時に「はぁ」とため息をつくような感覚ありませんか?
あれです。はぁと言って息を吐く&肩を落とす。
これを3回でも5回でもやってみると意外と肩の力を簡単に抜くことができます。

力を入れているつもりはないのに、マッサージや整体に行くと「力を抜いてください」と言われてしまう。
このような方はぜひやってみてください。

この呼吸で自律神経(戦闘モード)から副交感神経(リラックスモード)に切り替えることができます。

特に昼間、集中して仕事をしている方は呼吸が浅くなり、交感神経(戦闘モード)になっています。
その状態をOFFしないで布団に入ると眠れないので、その時にこの呼吸を続けると副交感神経(リラックスモード)優位になって
いつの間にか寝ていたというふうになれます。

これでも眠れない方は背中のコリ過ぎなので、
ストレッチをするか、それが面倒なら整体やマッサージに行って解してもらうと良いかもしれません。

背中の筋肉が凝りすぎると、布団にフィットしないのでどの体勢で寝たらよいのか分からなくなります。
布団の中で、ゴロゴロしているうちに目が冴えて
考え事が始まって眠れなかったという話もよく聞きます。

一度の施術でも格段に楽になります。
是非お試しください。
しっかり眠れるようになりますよ(^^)

※ご予約はホットペッパーサイトからがお勧めですが、
お問合せフォームからでもお気軽にご連絡ください。
その際、ご希望のコース名、日時候補を3つほどお送りください。
後ほどごお返事させていただきます。

ご予約はこちら