巻き肩の原因は僧帽筋ではありません

巻き肩の原因が僧帽筋でないのなら

巻き肩・顎関節症矯正専門 東横線学芸大学駅
歪みケア専門店Kissacoの情報をご覧くださり、ありがとうございます。

巻き肩の原因を検索すると僧帽筋が原因ではという記事がでてきました。
巻き肩の原因は上腕二頭筋の緊張です。

上腕二頭筋とは、力こぶの筋肉ですね。
デスクワークをしている方は全員が本人は意図しないのに
一日中筋トレをしている筋肉です。

腕を気を付けの状態にしてみてください。そこから肘を前に曲げます。
前へならいの体勢です。実はパソコン操作をするときはこの状態が一番楽なのです。
そこから腕を前にゆっくり移動させてみてください。
2センチ前にしただけで上腕二頭筋が張ってくるのを感じませんか?
これが意図しない筋トレです。
二頭筋は肘から鎖骨の下に付いています。ですので筋肉が緊張して収縮すると
肩は前に巻くような状態になります。
ですので、巻き肩は上腕二頭筋の緊張をほぐす必要があるのです。

僧帽筋は肩の山に影響がありますが、これも腕をほぐしてあげると緩みます。
始まりも終わりの腕のコリがさまざまな美容・健康トラブルにつながっているのです。

肩の山は確かに僧帽筋が盛り上がるせいかもしれませんが、

学芸大学駅にある美容整体サロンです

当店は、東横線 学芸大学駅にあります。
猫背・巻き肩・四十肩・五十肩・顎関節症など、
色々試しても楽にならない、今日治したい症状を緩和させます。

是非お越しください。お待ちしております。

※ご予約はホットペッパーサイトからがお勧めですが、
お問合せフォームからでもお気軽にご連絡ください。
その際、ご希望のコース名、日時候補を3つほどお送りください。
後ほどごお返事させていただきます。

ご予約はこちら