テーピングに頼らない外反母趾ケア

足首のズレが外反母趾の原因です

猫背・肩こり専門 学芸大学
歪みケア専門店Kissacoのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

当サロンにいらっしゃるお客さまのほとんどは足の親指が根元から内側に傾いている状態(外反母趾)です。
原因は何でしょうか?

まず靴ですね。ハイヒールでは爪先立ちをするようにして歩くので足首の骨が固定されたままです。
この状態ではふくらはぎの筋肉はポンプの役割が出来ずむくみやすくなります。

そして膝をピンと伸ばすので外重心になり太ももの前側が張ります。
また、ハイヒールは小さめよりは大きめサイズを履くことが多く、
ストラップがないものが多いので足にホールドされず脱げないように力を入れて歩いています。
そして足指が「浮指」になっているので着地がブレて不安定になります。
そうすると足首の骨(距骨)が内側に滑ってズレてしまいます。

ご自分の足を見てみてください。くるぶしの下の骨が大きく出っ張っている方は
距骨が大きくズレて親指の曲がりがひどくなっている場合が多いのです。
最近足幅が広くなったと感じる方も多いのではないでしょうか。
そうなりますと、土踏まずが小さくなり足裏が痛くなってきます。

本来立体的になっているはずの足骨の構造が崩れているということです。

このように、足は身体の中で一番使われている部分です。毎日ズレてしまいます。
それを自分で矯正して治せたら身体がずいぶん楽になります。

当サロンでは、自分で自分自身を治せる簡単セルフケアを個人レッスンでお伝えしています。
ご興味のある方はメニュー一覧「自分でできる簡単セルフケア」をご覧ください。

※ご予約はホットペッパーサイトからがお勧めですが、
お問合せフォームからでもお気軽にご連絡ください。
その際、ご希望のコース名、日時候補を3つほどお送りください。
後ほどごお返事させていただきます。

ご予約はこちら